コレステロールの基礎知識。高い人の特徴と下げるための対策法!

コレステロールというと、あまり良いイメージを持ちませんよね。

身体に悪くて、コレステロール値が高いのは危険という認識が一般的だと思います。

この記事ではそんなコレステロールとは一体どのような成分で、コレステロールが高い人の特徴とその対策までを紹介していきます。

コレステロールが高い人は参考にしてみてください。

コレステロールとは?

コレステロールは、2つに分けられ

  • HDLコレステロール→善玉コレステロール
  • LDLコレステロール→悪玉コレステロール

と分けて呼ばれているのが一般的になっていますが、実際にはコレステロール自体に善悪があるわけではありません。

便宜的にそう呼んでいるということで、これらを合わせたものを総コレステロールと言います。

善玉コレステロール

HDLコレステロール、つまり善玉コレステロールは、血液中に残ったコレステロールを回収し、肝臓に運搬する役割を果たしています。

回収されたコレステロールはホルモンや胆汁酸の材料となり、不要なものは排泄されます。

悪玉コレステロール

LDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールは、血液中でコレステロールの運搬をしていて、全身にコレステロールを行き渡らせます。

しかし、全身にコレステロールが増加しすぎてしまうと、不必要な分が血液中に残ってしまい、それが血管に浸み込んで酸化し、

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 高脂血症

などを引き起こす危険性があります。

中性脂肪が増加すると、悪玉コレステロールが増加する原因になるので注意が必要です。

コレステロールの役割

ではそんなコレステロールですが、実際にはどうような役割を果たしているのか。

ここではコレステロールの役割について少し紹介します。

細胞膜を作る

私たちの身体は、約60兆個の細胞から成り立っています。コレステロールは、その細胞を構成するという大切な役割を果たしているのです。

細胞は、細胞膜に覆われており、その細胞膜を通じて細胞内への様々な成分の出入りを行うと同時に細胞内を保護するという働きをしています。

コレステロールは、そのような細胞膜の働きをスムーズに行うことをサポートしているのです。

ホルモンの材料

コレステロールは、副腎皮質ホルモンと性ホルモンなどの原材料となる働きをしています。

副腎皮質ホルモンは、ストレスを受けた時に、水分の調整が必要となるときに分泌されるホルモンです。

性ホルモンでは主に、睾丸で作られる男性ホルモンのアンドロゲンや、卵巣で作られる女性ホルモンのエストロゲン、さらに胎盤で作られる黄体ホルモンのプロゲステロンの原材料となっています。

胆汁酸の材料

胆汁酸は脂肪や栄養の分解や消化、吸収をサポートする消化液のことで、肝臓でコレステロールから作られています。

コレステロールが高い人の特徴

コレステロール値が高いからといって、身体へのリスクが高いというわけではありません。問題なのは悪玉コレステロールのバランスと数値です。

悪玉コレステロールが高く、中性脂肪が高い方は要注意です。

肥満気味の人

肥満になると、内臓に蓄えられる脂肪が多くなり、結果中性脂肪が多くなってしまいます。

中性脂肪が増加すると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加してしまいます。

遺伝

代表的なものとして、家族性高コレステロール血症というものがあります。

遺伝によって悪玉コレステロールを調整しているLDL受容体の機能に問題があったり、LDL受容体の数が少なかったりします。

その結果、細胞中に悪玉コレステロールを正常に取り入れることが出来なくなり、血液中の悪玉コレステロールが増加してしまいます。

肝機能が低い

コレステロールはほとんど肝臓で作られるので、肝臓の機能が正常でないと、悪玉コレステロールが増加してしまう危険性があります。

食生活の乱れている人

脂の多い食事や肉中心の食生活をしていると、コレステロールが増加してしまいます。

年齢を重ねて代謝が衰えた方が若いころのままの脂の多い食生活をしていると、コレステロールが溜まってしまうので要注意です。

運動不足

運動不足も摂取したカロリーが消費されないので、コレステロールが高くなる原因になります。

アルコールが好きな人

アルコールは肝臓内の中性脂肪の合成を促進させ、摂取しすぎると血液中の中性脂肪の量を増加させます。

血液中の中性脂肪の量が増加すると、悪玉コレステロールが増加してしまい危険です。

アルコールと同時におつまみとして摂取する脂の多い食品もコレステロールが増加する原因となっています。

コレステロールの危険性

コレステロールが高いと、主に動脈硬化系の病気なってしまう危険性があります。

  • 脳卒中
  • 虚血性心疾患
  • 大動脈瘤
  • 腎硬化症
  • 脂質異常症
  • 狭心症
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 痛風
  • 脂肪肝

などが主な疾患です。

コレステロールが増加する原因が病気にある場合は

  • 家族性高コレステロール血症
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症
  • 腎臓

に関する病気が考えられます。

食生活や生活習慣を見直しても改善が認められない場合は、これらの病気を疑いましょう。

コレステロールを減少させるには?

こちらでは、コレステロールが高い原因別に対策を見ていくことにしましょう。

アルコール・肝臓が原因の場合

アルコールや肝臓が原因の場合は

  • アルコールを控える
  • タウリンを多く摂取する
  • 便秘の改善
  • 十分な睡眠をとる

などが対策として挙げられます。

特に、1番はアルコールを控えることです。

アルコールを飲まないと生きていけないという人もいますが、それはもしかすると少しアルコール中毒になっている場合があるので注意が必要です。

この機会に、辞めるか週に1~2回程度にしましょう。

肥満・遺伝・運動不足・食生活の乱れが原因の場合

運動療法や食事療法、薬の服用、サプリの服用などが主な対策となります。

具体的には、

  • 有酸素運動などの適度な運動を習慣的に行う
  • 悪玉コレステロールを増加させる食品を避ける(バター、肉、卵、チーズ、チョコレート、ポテトチップスなどなど)
  • コレステロールを下げる食品を多く摂取する(DHA・EPAを多く含んだ青魚や、野菜中心の食生活にする)
  • 不規則な食事を避け、規則正しい食生活をする
  • コレステロールを下げる薬の服用
  • 悪玉コレステロールを減少させるサプリを服用

などが挙げられます。

運動は別に激しい運動じゃなくても問題ありません。

自宅でできる運動でも十分です。

[nlink url=”https://dha-epa-supple.com/osusume-exercise/”]

また、サプリに関してはいろいろありますが、その中でもDHAやEPAなどを含むサプリはおすすめです。

[nlink url=”https://dha-epa-supple.com/”]

悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあると言われているからです。

ただ、あくまでもサプリメントは食事の補助なので、まずはメインの食事から改善するようにしてくださいね。

コレステロールの摂取量

食事から摂取するコレステロールは、1日約500~600mgが適正です。

約250~300mgのコレステロールを含む卵にすると約2個分の摂取量です。

コレステロールを減少させる食品

では、最後のコレステロールを減少させてくれると言われている食品を紹介します。

恐らく嫌いな食材もあると思うので、自分で摂取できる食品を選んで摂取するようにしてください。

 食品 主なサポートや効能
青魚(イワシ、アジ、サバなど)、チアシード コレステロールを下げる効果
えごま油、亜麻仁油、オリーブオイル 動脈硬化の予防など
ネギ類 血流改善効果
大豆 脂質異常症の改善
ヨーグルト 善玉コレステロールを増加
抗酸化作用
海藻 コレステロール、血圧、血糖値を下げる
お酢(クエン酸) 高血圧、血流改善効果
ゴマ 抗酸化作用
唐辛子 脂肪分解促進効果
きのこ類(βグルカン) コレステロールを下げる
大麦(βグルカン) コレステロールを下げる
キャベル、ブロッコリー(SMCS) コレステロールを下げる

具体的に取り上げてまとめてみましたが、コレステロールを減少させる食品は探せばたくさんありますので、食生活の見直しとして普段の食事に取り入れていくことをおすすめします。

まとめ

コいかがでしたか?

コレステロール値は、高いまま放っておくと、命に関わる重大な病気になってしまう恐れがあります。

普段の規則正しい運動や食事などの生活習慣の中で、コレステロールのバランスを整えることが大切です。

そして、規則正しい生活習慣を続けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です