MCTオイルの特徴・効能まとめ。副作用やおすすめのMCTオイルを紹介!

皆さん、今話題のMCTオイルってご存知ですか。

噂では聞いたことはあるけど、健康に良いとは聞いたことあるけど。。。。など名前は知っているけど詳しくはわからないという人も多いと思います。

この記事ではそんは、MCTオイルについて様々なことを解説し、さらにおすすめのMCTオイルを紹介します。

参考にしてみてください。

MCTオイルとは

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸油とも呼ばれ、ココナッツオイルやパームフルーツ、母乳などに含まれる天然成分のことを言います。

中鎖脂肪酸は、一般的な油とは異なり、直接肝臓まで到達するので、消化・吸収までの時間が短く、エネルギーに変わるのが早いです。

この、中鎖脂肪酸100パーセントのものをMCTオイルと言います。

MCTオイルは40年以上にわたり医療現場でも使用されており、栄養補給のエネルギーとして、未熟児や腎臓病、てんかん患者に使用されている安全性の高い油です。

MCTオイルの効果・効能

では、この中鎖脂肪酸100パーセントのMCTオイルは一体どのような効果を持っているのでしょうか。

ダイエット

まず、MCTオイルの大きな特徴として、ダイエットに効果的だと言うことです。

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、蓄積されてしまった中性脂肪を減少させるだけでなく、エネルギーになりやすいので体脂肪として蓄積されにくいのが特徴です。

また、中鎖脂肪酸は肝臓で分解されるとケトン体という物質に変化します。

ケトン体が増加すると、体内の脂肪が燃えやすくなります。

体内に糖質がなくなると、身体はケトン体をエネルギーとして使い始めます。

この状態をケトン体質と言い、非常に痩せやすい状態になっているということです。

つまり、糖質制限をしたダイエットと共にMCTオイルを摂取するとダイエットに効果的だということですね。

コレステロールが溜まりにくい

中鎖脂肪酸は摂取してもコレステロール値をほとんど上昇させません。

通常の油は、体内でコレステロールを上昇させ脂肪を増加させますが、中鎖脂肪酸は脂肪を増やさず悪玉コレステロール値を減少させ善玉コレステロール値を増加させるのです。

悪玉コレステロールは心臓病や糖尿病など様々な生活習慣病の原因とります。

悪玉コレステロールを減少させるMCTオイルは、そのような危険なリスクを軽減してくれる効果を持つのです。

アルツハイマー予防

アルツハイマー型認知症は、脳でブドウ糖を上手く利用出来なくなり、エネルギー不足に陥ってしまいます。

しかし、体内では、ブドウ糖を利用出来なくても、代わりにケトン体を利用することによってエネルギーの代替とすることが出来ます。

中鎖脂肪酸は、上記でも紹介しましたが、そのような役割を果たすケトン体を作り出すのに効率的な成分です。

100パーセント中鎖脂肪酸のMCTオイルが体内に摂取されると、身体や脳の代替エネルギーとして肝臓でケトン体に変化し、血液中に送り込まれ、ブドウ糖の代わりに脳にまで送り込まれます。

その結果、ブドウ糖よりもアルツハイマー病による脳細胞の破壊を抑制出来るわけです。

しかも、ブドウ糖よりもケトン体を脳に送り込む方が、脳の働きが活発になることも様々な研究で明らかになっています。

腸機能の改善

MCTオイルには、腸内環境を整える働きもあります。

具体的には、

  • 便秘解消
  • 善玉菌の活性化

です。

また、MCTオイルには抗菌作用があり、腸内の不必要なバクテリアを殺菌する作用が期待されています。

例えば、母乳に含まれるMCTオイルが新生児の腸内環境を整えているという研究報告や、

動物実験でMCTオイルでマウスの腸内環境が良くなり、免疫システムが向上したという研究結果もあります。

凄いですよね。

MCTオイルの摂取量

そんな様々な効果・効能が期待できるMCTオイルですが、1日の摂取量は大さじ2杯程度が適量です。

グラム単位にすると約30gが目安です。

健康のためならもっと、100gとか摂取してもいいんじゃないの?と思う方もいると思いますが、いくら良い油といっても油は油です。

当然、摂取しすぎればカロリー過多になってしまいますし、それが原因でダイエットどころか太ってしまう可能性もあります。

油はどんな油でも1g=9calです。これは覚えて損はないです。

なので、とりあえず摂取量は守って、どうしてもあまり効果が感じられないようなら少しずつ摂取量を増やすといったやり方をすることをおすすめします。

いきなり、多く摂取するのはやめてくださいね。

MCTオイルの副作用

MCTオイルは、ほとんどの人にとって安全に使用できるものです。なので、基本的には副作用などはありません。

しかし、体質などにより、摂取しすぎると下痢、腹痛を起こしたりする場合があります。

また、吸収スピードが速いことから、胃のむかつきなどの胃腸障害が起こることもあります。

これは、体内に入ったMCTオイルを身体が処理しきれないことで起こります。

さらに、摂取量が多すぎると吐き気、嘔吐を引き起こしたりする場合もあるので注意が必要です。

これらの対処法としては、具体的には、

  • 摂取量を少なくする。
  • まずは小さじ1杯から始めてみる。
  • レシチンのサプリを事前に飲んでみる。
  • 牛乳・豆乳・ヨーグルトなどの乳製品とともに摂取する。

ということが挙げられます。

また、アレルギー反応を起こす方もいらっしゃるので、その点も注意して摂取するようにしましょう。

ダイエットにおける使用の場合は、カロリー不足の筋肉の減少、痩せた後にリバウンドする恐れもあります。

心配な方は、一度医師に相談の上摂取するようにしましょう。

MCTオイルの危険性

MCTオイルの危険性としては、まず発煙点が挙げられます。

オイルを高温で熱し続けると、煙が出ます。この煙が出る温度のことを発煙点と言います。

MCTオイルの発煙点は150度以下と非常に低く、まず、発火することが危険です。

さらに、煙に含まれる多環芳香族炭化水素(PAH)がとても危険なものなのです。

多環芳香族炭化水素(PAH)

多感芳香族炭化水素(PAH)とは、油脂が不完全燃焼すると発生する発がん性物質のことです。

ですので、MCTオイルは絶対に炒め物や揚げ物の油として火にかけてはいけません。

おすすめのMCTオイル

では最後に、おすすめのMCTオイルを紹介していこうと思います。

MCTオイルの正しい知識を身に付け、正しく使用することによって、健康に役立てていきましょう。

ぜったいに過剰摂取、間違った使用方法は禁物です。

LOHAStyle MCTオイル

糖質制限専門店のLOHAStyleがマレーシア産のココナッツとアブラヤシのオイルから抽出し、品質管理と生産管理を徹底して作り上げた、こだわりの100パーセント中鎖脂肪酸ピュアオイルです。

100パーセント中鎖脂肪酸のMCTオイルなのに、お値段も他の商品と比較してお手頃です。

お手頃価格なのに、他に引けをとらない上質な品質で、飲みやすいと評価の高い製品です。

飲みやすい上に安いので、続けるのにはもってこいですね!

実際に使用してみた人の声は、

  • 何のクセも匂いもなく美味しく飲める。
  • 液だれせず最後まで綺麗。
  • 値段も量も一番ダントツ。
  • 飲み始めて約1週間で停滞期を脱出。
  • 無添加なので安心。
  • 飲み始めてみるみる体重が減っている。
  • よく眠れるようになった。

と、高評価です。コスパも良いですし、おすすめの1本です。

仙台勝山館「仙台勝山館MCTオイル」

こちらは各ネット通販で大人気の仙台勝山館さんのMCTオイルです。

希少なココナッツヤシ由来100パーセントの中鎖脂肪酸を使用した製品です。

お値段が少々張りますが、それだけに特注生産した原料から丁寧な生産まで品質は最高レベルです。

ユーザーからの評判も良く、

  • お腹がすっきりしてお通じがよくなった。
  • 体重が少しずつ減り始めた。
  • 無味無臭で飲みやすい。
  • 料理に加えても味の邪魔にならずに負担にならない。

など、高い評価の声が多くあります。

日清オイリオ「日清MCTオイル」

お馴染みの日清オイリオから販売されているMCTオイルです。

国内最大手の製品ですので信頼感は抜群で、安心・安全に使用することが出来ます。

九州産の米を100パーセント使用したMCTオイルで、無添加、純国産品です。

通販だけではなく、スーパーでも販売されていることがあるので、手に入れやすいです。

実際に使用してみた人の声は、

  • お通じがかなり良くなった。
  • 低価格で助かっている。
  • 気になる匂いなどもなく料理との相性も良く美味しい。
  • 空腹感がなくなり、体脂肪率も下がってきた。
  • 記憶力が良くなった。
  • 美肌効果がある。

などなど、高評価です。

手に入れやすいので、一度試してみるには良さそうな製品ですね。

まとめ

MCTオイル特集、いかがでしたでしょうか?

オイルなのに、こんなにダイエットや生活習慣病に効果があるなんて驚きですよね!

しかし、効果的だからと言って、過度な摂取は体調不良の原因の元になるので、気を付けましょう。

ご自分に合った適量を摂取し、無理のない食生活で健康を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です